11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分
 長崎旅日記 2
前回の続き。

旅行の代金が聞いてたのと違ったので、電話で確認をとることにした私。

電話を受けたのは前回の人とは違う人。

経緯を説明すると、この料金で間違いないと言われた。

何故違ったのかについては、一部屋3人で使う場合で価格を出してしまったのではないか?
うちは5人で一室だったため、値段が下がったのではないかということだった。

ならば、料理について聞いてみた。

「旅館には料理の種類がいくつかあるようですけど、JTBさんのこのプランではコレしかないんですか?」

すると

「卓袱か和食の会席のどちらかになります。ですが、追加料金を払っていただけば、もう少しランクをあげることはできます。」

なんだ、やっぱりできるんじゃん。
結局追加料金を払って 料理の金額を上げてもらった。
しかも、追加料金は店頭まで払いに行かなければならないらしい。
食事は良い方がいいって言ったんだから、そのことも最初に説明してくれればこんな手間にならなかったのに…。

さらに軍艦島クルーズについても訊ねてみた。

すると軍艦島クルーズの予約も行なっているとのこと。

じゃあなんであの時すぐにそのことを言ってくれなかったの?
そんな話一言もなかったんだけど?

ついに私がキレてしまった。

「あのね、あなたに言っても仕方ないかも知れないんだけど、私たちは軍艦島クルーズに行きたいから長崎に行きたいって言ったのよね。なのにそんなプランがあるなんて一言もきいてないんだけど?大体パンフレットの一つも持ってこなかったわよ?宿のパンフレットを1部持ってきただけ。しかもパソコンでずーーーっと調べてて、時間ばっかりかかって、1時間半もかかってやっと宿がとれただけってどういうこと?こっちだってヒマじゃないのよ。軍艦島だって「島まで30分かかります」ってそんなことパソコンで調べれば私だってわかるの。知りたいのはそんなことじゃないの。お宅が軍艦島クルーズの予約をしてるかどうか、予約が取れるかどうかなのよ。大体長崎に行きたいって言った時点で、そちらからパンフレットをいくつか持って来て、「こんなのがありますけど?」って提案するのが本当でしょ?こちらが「こんなのありませんか?」「こういうのがあるはずなんですけど?」っていちいち言わなきゃ何にも出てこないの?それなら自分で調べて宿取るのと何にも変わらないよね?お宅ら、旅行のプロですよね?そういうこともできないなら、何の為に窓口に相談に行ったのか、意味なんてないでしょ?」

電話を受けた女性は

「申し訳ございません。おっしゃる通りです。本当に申し訳ありませんでした。」

と平謝り。

「本当にね、あなたが応対したわけじゃないのにこんなに言うのも申し訳ないんだけどね。」

と言うと

「いえ、その通りですので、申し訳ないのはこちらのほうです。このお電話より私○○が担当させていただきますので。あと、クルージングの件も船会社等クルージングの詳細を調べまして、またお電話を差し上げます。」

と言い、その後FAXで詳細を送ってくれた。

でもすでに、テンションはダダ下がりの私たち。
旅行自体をキャンセルすることも考えたけど、せっかく計画したんだしとりあえず旅行には行くことにしたけど、軍艦島クルーズは見送ることに…。


そして1ヵ月後、旅行の日はやってきた。


…続く
分類題名 : 日記  *  分類主題 : 日記  *  分類 : 旅行
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2013年11月24日(Sun) 21時36分
 長崎旅日記 1
ちょっと間が開いちゃった。

実はうちの家族と私の両親の5人で旅行に行ってたので、余計に間が開いてしまった。

それが、初っ端から色々あってケチのつきっぱなしの旅行だったのよ。

それは旅行会社を訪れた時から始まった。

舞台はJTBの支店。

まず、入っていったけど、いらっしゃいませもない。
カウンターはいっぱい。
まぁ、お客さんが多くて手一杯なんだろうと、パンフレットを見ながら待つことに…。

が、「今一杯なのでお待ちください。」の一言もなければ、何一つ声かけもない。

この時点で、ここで頼むのやめようかな?と思ったが、せっかく母とここまで来たんだし、と思いとどまった。

やっと呼ばれて席に着くと、今度はなんだかはっきりしない女性店員が担当。

出雲に行きたいというと、その日はホテルも旅館も満室だと言う。
まず、この満室という結果が出るまでにかなり待たされたことに、母がイライラ。

それでは、と第二候補の長崎、軍艦島クルーズでお願いしてみた。

すると今度も開いているホテルを探すのにかなり手間取っている様子。
そしてようやく2つのホテルが見つかったが、

「軍艦島クルーズに行きたいんですけど?」

という私達の要望に対しての答えは全く出てこない。
なので

「軍艦島クルーズに行きたいんですけど、ここ(宿泊先)のどちらが乗り場まで近いですか?」

と聞いてみた。

するとしば~~~~らくパソコンで何か調べてから、出てきた答えは

「軍艦島までは30分くらいですね。」

「・・・・。」

そんなこと聞いてないんだけど?
しかもそれくらい、私もパソコンで調べたので知ってます!

聞きたいのは軍艦島クルーズに関しての予約の仕方とか、ここでクルージング込みの商品があるかどうか?とかなんだよね。
なのに、それに関しての情報を何も提示しないということは、この旅行会社では軍艦島クルーズは扱ってないのだと思い、自分で予約するしかないのかと諦めた。

せめて宿泊先は料理のおいしい宿を、との希望を伝えた。
そして星の数を見て決めたのが「にっしょうかん別邸紅葉亭」という宿。

ここまでくるのに1時間半かかった。

何の会話もなくただ黙々とパソコンに向かって調べているらしい女性店員。
何もすることもなく、ただただ待たされる私と母。

そして出た答えは私達の希望した様なものではなく、あんなにパソコンに向かっていて、決まったのは宿だけという、なんとも無駄な時間を過ごした私たち。

挙句の果てには、女性店員の言った金額と支払った金額もまるで違う。

支払った金額が安いんだけど、これで料理のランクが下げられたりしたらいやなので、確認をとることにした。
でも、これがまた私の怒りに火をつけたわけで…。

・・・続く


分類題名 : 日記  *  分類主題 : 日記  *  分類 : 旅行
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2013年11月23日(Sat) 20時47分
 日田天領まつりと皇太子さま
今日の記事はちょっと長いです。

うさぴの入試があまりにも早く終わったので、私たちを迎えにきたダンナを運転手に、前日のテレビでちょこっと耳にした“日田天領まつり”に行ってみることにした五月うさぎ家。

大宰府からの帰り、小石原を抜けて日田へ。

小石原の山の中では紅葉も見られ、黄色の銀杏や真っ赤なもみじに大はしゃぎ。

少し曇ってて、日が射してなかったのがちょっと残念。
車を止める場所もなく、写メが撮れなかったのが心残りです。

日田へ着くと、“日田天領まつり”の会場になる豆田町へ。

ラッキーなことに、私たちが駐車場を探し始めたその時、目の前の役場の駐車場が空車に!!
おかげで駐車場を探し回ることなく、車をとめる事がことができました。

農協のJAJA祭りで、みかんとりんごを買ったあと、いざ、豆田の町並みへ。

NEC_0247.jpg  NEC_0248.jpg

豆田の町は古い歴史を感じさせるきれいな街です。

この日は“日田天領まつり”のため、家の前にはどこも紫の幕がかけられ、竹の灯篭が置かれてました。

竹筒の中にはこんな可愛いものもあったりして!
(ハート型なんですよ!)

NEC_0249.jpg

灯篭には夜になると火が入れられ、“千年あかり”のイベントがあるのだそうです。

街の中を流れる水路にも竹で灯篭がつるされ

NEC_0252.jpg

橋の上もこのとおり。

NEC_0250.jpg

河原にはには ものすごい数の灯篭が準備されてました。

NEC_0251.jpg

ただ、このイベントが始まるまでいると帰りが遅くなってしまう私たちは、この灯篭に火が入るのを見ることなく会場を後にしたんですけどね…。

ああ、本当に残念です。

でも、この会場にいる時からずっと気になってたことが一つ。

警察官の数が異様に多い。

私服、制服の警官がそこかしこに。

しかも機動隊まで。

ここの祭りはそんなに大変なのか?

最初に気づいたのはダンナ。
さすが、ワルは警察に敏感だね。

「目つきが悪いけおかしいと思ったら、あいつら私服警官やん。小さくポリスっち入っとう。」

それにマンホールにはAPECの会場周辺と同じシールで封印が。

何かあるのかなぁ?
そう思いながら会場を後にした私たち。

ところが、警官は豆田の会場だけじゃなかった。

会場周辺の歩道にはところどころに人が集まり 警官が立ってるし、交差点には道の大小かかわらず警察官。
路地を入っても警察官が。

いったい何事??

首をかしげながら差し掛かった大きな交差点。
ここにでも警察官がなにやらあわただしく動いてる。

そして気づいたんだけど、信号機がいつまでたってもにならない。

なんで?

すると若い警察官が駆け寄ってきて車1台1台に何か説明してる様子。

実はこの日、皇太子様が豆田にお見えになってて、今からこの道を通られるので10分ほどはこのままお待ちください、ってことらしい。

皇太子様がお見えになってたのなら、もっと近くで見たかったわ~。

とはいえなんとかお車の写真だけでも、と写メを構えたものの、結果は

NEC_0245.jpg

全然写ってないし。

でもまぁ、こんな機会はめったにないし、10分待たされたけどそれなりにテンション上がって楽しかったかも。

最後は私の実家に寄ってご飯を食べさせてもらって帰ってきました。

とっても楽しかったけど、根本的にはインドア派の私は

やっぱり我が家がイチバンだわ!

分類題名 : 日記  *  分類主題 : 日記  *  分類 : 旅行
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2010年11月14日(Sun) 18時06分
 これは・・・?
有田陶器市に行ってきました。   NEC_0210.jpg


朝、 4時50分起き、 6時出発!

途中でパパがインターへの入り口を間違えて、 また福岡方面に戻ってしまうというハプニングもありましたが、 8時半には到着。
渋滞にあうこともなく、 快適なドライブでした。

陶器市は初めてで、 すごく混むって聞いてたけど、 今年は人出が少ないとかで ゆっくり見て回ることができました。

陶器市って無造作に品物が並べてあったりするので、 値段もたいして高くないのかと思ったら、 右端の茶色のお皿。 NEC_0213.jpg

 NEC_0214.jpg


なんと10,000円
10,000万円もするのにこんな置き方でいいの?
ってびっくりw(°0°)w

とにかくすごい数の陶器と陶器店。
すべて見るのは大変です。
買いたいものをしぼって探すか、 何も決めずにブラブラして気に入ったものがあったときに買うのか、 目的によって回り方も工夫が必要かも…。

私達はブラブラ派だったので、 色んなお店をのぞいてたら、 こんなものも見つけちゃいました。

NEC_0212.jpg


狸のカップル♪

可愛いのか? 微妙だわ…。


陶器市は、 とにかく 歩きます
服装はジーパンとスニーカーは当たり前。
陶器は重いので、 リュックか、 旅行用のキャスターつきの鞄がいいようです。
買ったものを手で持って帰るのはかなり重いです!

今回は、 うさぴが一番にダウン!

「 足が痛い。 暑い。 疲れた。 」

「 はぁ? 一番若いくせに、 だらしない!! 」

と言う私に

「 だって興味もないし、 面白くもないもん。 」

確かに、 若い子が来て面白いところではないかもね。

「 来年はキャスター付きの鞄を持ってこう! 」

と来年に向けて意欲満々のパパに、 うさぴ

「 来年は2人で行って。 私は留守番しとくけ。 」


だそうです(^_^;)
分類題名 : 日帰りお出かけ  *  分類主題 : 旅行  *  分類 : 旅行
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 4  *  記事編集  *  2008年05月05日(Mon) 07時54分
 紅葉
紅葉を見に行ってきました。

NEC_0148_sh01.jpg


本当の目的は地鶏うどんだったんですけどね
ココには、 パパおススメのおいしい地鶏うどんのお店があるんです。

でも、行ってみたら すっごく紅葉がきれいで、 いつもは閑散としている平日のこの場所が、 ものすごい観光バスと、 人と、 車であふれていて、 びっくりしちゃいました。

NEC_0144_sh01.jpg


紅葉のトンネルも、 日のあたり具合で きらきらひかって、 黄色に近いオレンジ色から真紅へと微妙なグラデーションで思わず見とれてしまいました。

一緒に行ったお姑さんも

「 こりゃ思いもよらん目の保養ができたわぁ。 」

って大喜び。

お店の人の話だと、 土、日 は渋滞で車が動かないほどの人出なのだとか。
平日でよかった~。
うさぴには申し訳ないけど…。NEC_0147_sh01.jpg



携帯しか持ってなかったので、写真が荒いのが残念なんですけど、 本当にきれいでした。
分類題名 : 日帰りお出かけ  *  分類主題 : 旅行  *  分類 : 旅行
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2007年11月14日(Wed) 19時35分
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。