07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分
とってもいいお話
そんなふうに思ったら周囲の人たちも気が楽になるもんね。
ボケてる本人は結構ご機嫌なのよ。
それが神様からの贈り物か・・・。
うん、とってもいい考え方だと思うよ。
自分がボケるか?
それはそうなったときのこと。
運よくポックリと逝けたらいいなとは思うけど。
今を充実させて幸せに暮らしましょうよね。
2010年04月08日(Thu) 01時16分       編集
マコトさんへ
マコトさん、こんにちは(^^)

ボケてる本人はご機嫌♪
まさにその通り!
家では祖母を心配してみんなで涙ぐんでたのに
本人は結構ルンルンしてて
見舞いに行った叔母に
「ここはみんな家族的でいいわ。」
ってとっても楽しそうだったらしいです(笑)

先のことはわかりませんから
毎日楽しく、悔いが残らないように
暮らしたいですね(~_~)
2010年04月08日(Thu) 17時21分       編集
ありがとう
75歳の認知症の叔母を今度施設に入れるため、親族で検討が始まりました。私にとって、とてもかわいがってくれた一番近い親戚だったので、何かショックで、でも実際1日一緒にいると独り身の叔母の限界も感じ、ネットで検索しているうち こちらを拝見しました。

神様からの贈り物、、、、 やさしい言葉ですね。

実は3月26日 叔母の一人っ子が急逝し、最初はそれも夢うつつという感じでした。 もし、痴呆症がなければ 本人は辛すぎたでしょう。
今は やっと子供の死は少しづつ飲み込めてきているようです。

本来 ずっとしゃべっているタイプの叔母は 病気により、より一層はしゃぎ、 面白いときと、 同じ質問でこちらの頭もおかしくなりそうなときと両方です。 私は母と関わっているからいいけど、よく同じ家の中で介護して殺人事件もありますが、 気持ちはわかります。 また、母とあーだこーだ話せますが、これを一人で抱えるとおかしくなります。叔母は40年以上住み慣れた大好きな自宅を離れるという事実で、かなり暴れるでしょうし、一気に痴呆も進むかもしれない、、、、と私も自分の一部が消える喪失感と気の毒な感情で落ち込んでいましたが、

神様からの贈り物、、、 この言葉を胸に また叔母に接して行きたいと思いました。 ありがとうございます。
2010年04月25日(Sun) 16時43分       編集
はなちゃんさんへ
はなちゃんさん、初めまして(^^)

認知症は、なった本人よりも 周りの方がとてもつらいものですよね。
今までしゃんとしていた人ほど 見ているのがつらいこともあります。
でも考え方を変えることで 自分の気持ちをラクにできる
母の言葉から、そう思いました。

はなちゃんさんの叔母様はお幸せですね。
こんなにも自分のことを想ってくれる人が身近にいるんですから。
はなちゃんさんの優しい気持ちはきっと
叔母様に届いていることと思います。

私のブログを読んで、少しでもはなちゃんさんの心に光がともされたのなら、とてもうれしいです。
こちらこそありがとうございます。


2010年04月25日(Sun) 22時50分       編集
お返事ありがとうございます
うさぎさん、

やさしいお言葉ありがとうございます。

叔母の認知症は思いの外進んでいるようです。 先日セコムを付け、施設に入るまでの一人暮らしをしのぐことになりました。

うちの叔母の話術は素晴らしく、そんじょそこらの芸人より人を笑わせます。 だけど、普段いない人、例えば私が来ると、 帰ったあと30分後に電話したら私が帰ったことがわかるのですが、しばらくすると混乱するみたいで、私がいなくなったと実家に電話したりするので、あまり遊びに行くのも控えています。 今月末に地方から私の母が来て施設の順番待ちの手続きを行います。

叔母の記憶がなくなる事は 自分の一部がなくなるようで、、、、
従兄弟の急逝に関しては、 帰天しても魂のつながりを感じるので不思議と寂しさはないのですが、、、、叔母のことはつらいですね。。。

もちろん叔母が一番辛いと思いますが、親族たちもかなりショックをうけています。。。。すべて勉強ですね。 望みは、叔母が施設で心の平安を持てるようになる時がくることです。 
おじゃまいたしました。 ありがとうございます。

2010年05月03日(Mon) 23時17分       編集
はなちゃんさんへ
はなちゃんさん、こんばんは。

今 自分の身に起こっていることは
嫌なことも、苦しいことも、悲しいことも
楽しいことも、うれしいことも
全て何か意味を持っているのだと
私は そう思うことにしています。
今辛いのは、後々この経験が私にとって必要だからなのだろうって…。

きっとはなちゃんさんが今経験されている様々なことも
はなちゃんさんの人生において
必ず意味のあることだと思います。
叔母様のことも、従兄弟さんのことも…。
はなちゃんさんのおっしゃる通り、勉強なのかもしれませんね。

叔母様が、施設でも心穏やかに過ごすことができますように
そして、はなちゃんさんが安心できますように
お祈りしています。

2010年05月03日(Mon) 23時54分       編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年05月04日(Tue) 18時16分       編集






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
 認知症って
「年寄りがボケるっていうのは、歳をとって三途の川が近くなった人への神様の優しさやないかと思うんよね。」

昔母がそんなことを言ってたのを思い出しました。

きっと、認知症だった祖母、うさぴにとっては曾祖母が 介護施設へ入ることになったことを聞いたからでしょうね。

叔母も糖尿を患って入院したりして大変だし、それに叔母だってもう歳だし…。
祖母を支えてて、支えきれなくて叔母と二人で転んだりしたこともあったようで、このままでは、二人してケガをすることになりかねないってことで、とうとう介護施設への入所となったようです。

最近はほとんど何もわからなくなっていて、介護施設に行ったときも キョトンとして、自分がどういうことになるのかさえわからない様子だったという祖母。

叔母は介護施設に入れるのはかわいそうだからと ずっと頑張ってきたけど、二人して倒れたら大変だからという周りの意見に仕方なく、祖母の介護施設への入所に同意したようです。

叔母は離婚をしていて独り身。
仕事をしながら母親の看病をするのはとても大変だったと思います。
二人の娘たちが協力してくれていたからこそできたことだったんですよね。
そのうちの一人は昨年お嫁に行ったし、祖母の認知症は進むし、叔母ももう限界だったのでしょう。

介護施設へ祖母を預けた叔母は、可哀想だと泣いていたそうです。

ただね、私、祖母を見てて思うんですよね。

認知症というのは、母が言うように 死期が近い年寄りへの神様からの贈り物なのではないか?って。

祖母はとても勝気でわがままな人でしたが、反面、心配性で気が小さく、口は悪いけど優しい人でした。
そんな祖母が自分の死期が近づいたことがわかったりしたら、それは心配で心配でそれこそどうにかなってしまいかねなかったかもしれません。

もう何度もだめかも知れない状態になってる祖母。
今も体を騙し騙しなんとかなってる状態で、いつどうなってもおかしくないのだと、叔母が話していたのを思い出します。

ボケが進んで何もわからなくなった今、祖母はきっと毎日幸せなのではないでしょうか。

以前は、たまに意識がはっきりしてるときに

「おや?お前、今日は一人できたの?」

なんて聞いてきたりしてたけど、今はもう何もわからない状態。

祖母はきっと、閉ざされた意識の中で 一番よかった頃を歩んでいるのかもしれませんね。
ボケてるとは言っても、なんだか穏やかな顔をしてますから。

でも認知症の介護って、周りは大変ですよね。

自分の父と母はどうなるんだろう?
義母は認知症にはならなさそうだけど…。

私がボケたら、うさぴに迷惑かけないように即介護施設に入れるように手紙でも書いとこうかな?
あ、その前に貯金ですよね。
・・・・・・・・。

今は貯金はちょっとムリ。
だんなの借金返済が終わったらがんばって貯めよう。

若い頃はこんな事考えもしなかったけど、こういうことを考えないといけないような歳になったんですねぇ…。

分類題名 : 日記  *  分類主題 : 日記  *  分類 : 日記
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 7  *  記事編集  *  2010年04月05日(Mon) 15時53分
とってもいいお話
そんなふうに思ったら周囲の人たちも気が楽になるもんね。
ボケてる本人は結構ご機嫌なのよ。
それが神様からの贈り物か・・・。
うん、とってもいい考え方だと思うよ。
自分がボケるか?
それはそうなったときのこと。
運よくポックリと逝けたらいいなとは思うけど。
今を充実させて幸せに暮らしましょうよね。
2010年04月08日(Thu) 01時16分       編集
マコトさんへ
マコトさん、こんにちは(^^)

ボケてる本人はご機嫌♪
まさにその通り!
家では祖母を心配してみんなで涙ぐんでたのに
本人は結構ルンルンしてて
見舞いに行った叔母に
「ここはみんな家族的でいいわ。」
ってとっても楽しそうだったらしいです(笑)

先のことはわかりませんから
毎日楽しく、悔いが残らないように
暮らしたいですね(~_~)
2010年04月08日(Thu) 17時21分       編集
ありがとう
75歳の認知症の叔母を今度施設に入れるため、親族で検討が始まりました。私にとって、とてもかわいがってくれた一番近い親戚だったので、何かショックで、でも実際1日一緒にいると独り身の叔母の限界も感じ、ネットで検索しているうち こちらを拝見しました。

神様からの贈り物、、、、 やさしい言葉ですね。

実は3月26日 叔母の一人っ子が急逝し、最初はそれも夢うつつという感じでした。 もし、痴呆症がなければ 本人は辛すぎたでしょう。
今は やっと子供の死は少しづつ飲み込めてきているようです。

本来 ずっとしゃべっているタイプの叔母は 病気により、より一層はしゃぎ、 面白いときと、 同じ質問でこちらの頭もおかしくなりそうなときと両方です。 私は母と関わっているからいいけど、よく同じ家の中で介護して殺人事件もありますが、 気持ちはわかります。 また、母とあーだこーだ話せますが、これを一人で抱えるとおかしくなります。叔母は40年以上住み慣れた大好きな自宅を離れるという事実で、かなり暴れるでしょうし、一気に痴呆も進むかもしれない、、、、と私も自分の一部が消える喪失感と気の毒な感情で落ち込んでいましたが、

神様からの贈り物、、、 この言葉を胸に また叔母に接して行きたいと思いました。 ありがとうございます。
2010年04月25日(Sun) 16時43分       編集
はなちゃんさんへ
はなちゃんさん、初めまして(^^)

認知症は、なった本人よりも 周りの方がとてもつらいものですよね。
今までしゃんとしていた人ほど 見ているのがつらいこともあります。
でも考え方を変えることで 自分の気持ちをラクにできる
母の言葉から、そう思いました。

はなちゃんさんの叔母様はお幸せですね。
こんなにも自分のことを想ってくれる人が身近にいるんですから。
はなちゃんさんの優しい気持ちはきっと
叔母様に届いていることと思います。

私のブログを読んで、少しでもはなちゃんさんの心に光がともされたのなら、とてもうれしいです。
こちらこそありがとうございます。


2010年04月25日(Sun) 22時50分       編集
お返事ありがとうございます
うさぎさん、

やさしいお言葉ありがとうございます。

叔母の認知症は思いの外進んでいるようです。 先日セコムを付け、施設に入るまでの一人暮らしをしのぐことになりました。

うちの叔母の話術は素晴らしく、そんじょそこらの芸人より人を笑わせます。 だけど、普段いない人、例えば私が来ると、 帰ったあと30分後に電話したら私が帰ったことがわかるのですが、しばらくすると混乱するみたいで、私がいなくなったと実家に電話したりするので、あまり遊びに行くのも控えています。 今月末に地方から私の母が来て施設の順番待ちの手続きを行います。

叔母の記憶がなくなる事は 自分の一部がなくなるようで、、、、
従兄弟の急逝に関しては、 帰天しても魂のつながりを感じるので不思議と寂しさはないのですが、、、、叔母のことはつらいですね。。。

もちろん叔母が一番辛いと思いますが、親族たちもかなりショックをうけています。。。。すべて勉強ですね。 望みは、叔母が施設で心の平安を持てるようになる時がくることです。 
おじゃまいたしました。 ありがとうございます。

2010年05月03日(Mon) 23時17分       編集
はなちゃんさんへ
はなちゃんさん、こんばんは。

今 自分の身に起こっていることは
嫌なことも、苦しいことも、悲しいことも
楽しいことも、うれしいことも
全て何か意味を持っているのだと
私は そう思うことにしています。
今辛いのは、後々この経験が私にとって必要だからなのだろうって…。

きっとはなちゃんさんが今経験されている様々なことも
はなちゃんさんの人生において
必ず意味のあることだと思います。
叔母様のことも、従兄弟さんのことも…。
はなちゃんさんのおっしゃる通り、勉強なのかもしれませんね。

叔母様が、施設でも心穏やかに過ごすことができますように
そして、はなちゃんさんが安心できますように
お祈りしています。

2010年05月03日(Mon) 23時54分       編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年05月04日(Tue) 18時16分       編集






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。