10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
 自転車盗られた~~~~!
注)今日の記事は少し長文になっております。
  お時間のある方はゆっくりどうぞ…。

「ヤバイ!ヘッチャリされた!」(ヤバイ!自転車盗られた!)

※うさぴたちの間では自転車を盗むことヘッチャリと言います。

お友達とお買い物に行っていたうさぴからの電話に

「は?なんち?(なんだって?)」

と聞き返した私。

「だけ(だから)、チャリへられた。(自転車盗まれた)」

盗むことを、うさぴたちの間ではへると言います。

「何で?鍵は?」

と聞いた私に

「無い!」

無い?
無いってどういうこと?

「ポケットに入れたはずなんやけど無いんよ

そんなわけあるか

鍵がポケットに無い理由

その1 盗まれた
その2 落とした
その3 鍵を掛け忘れた

この3つが考えられるけどはまずナイよね?
も考えにくい。
どう考えてもじゃない?

とりあえず迎えに行くからそのあたりを探してみるように言い、車でうさぴの居る場所へ。

途中すれ違った自転車の男の子の二人組み。
乗っていた自転車のサドルが 男の子の身体に対して異常に低い。
しかもうさぴの自転車にとてもよく似てる。
でもね、うさぴ、自転車に名前も何も書いてないし、目印になるようなものも何もないのよね。
私が「名前を書いておきなさい」って言ったら

「そんなん恥ずかしいけイヤやし!」

の一言で却下。

「自転車盗られたときに探しにくいやろ?」

と言う私に

「防犯登録したけ探せるっちゃ。
あ、自分で目印のステッカーかなんか貼ればいいやん。
名前とか書かんし。
そんな子(自転車に名前書いてる子なんて)おらんよ(いないよ)」


と全く取り合わなかったうさぴ。

でも実際
ステッカーは言っただけで貼ってない。
防犯登録はパッと見ただけじゃわからないから人に頼んで探してもらうことも難しい。

名前があれば

「自転車盗まれたからうさぴの名前が書いた自転車見つけたら教えてね。」

って頼みやすいけど

「防犯登録の〇〇-××△△□□を見つけたら教えてね。」

ってソコまで気にして探してくれる人なんていないよね?

結局、その自転車もかなり怪しくても、私にはひと目で見分けることが出来ないからどうすることも出来ず、ただ見送っただけ。

その後、まだお友達と自転車を探していたうさぴと合流して

「鍵は2つあったやろ?両方ちゃんとかけたんね?」

と聞くと、実はいつも、ワイヤー錠は面倒なのでハンドルにかけたまま。
自転車に元から付いてる鍵しかかけてなかったらしい。

しかも、今回は鍵を掛け忘れてるし…。

本人曰く

「普段チャリとか乗らんけ鍵をかける習慣がないんやもん。」

普段乗らなくても、自転車を置くときに鍵をかけるのは当たり前なんですけど?

私は常々、自転車に元から付いてる鍵は壊されやすいから、ワイヤー錠をかけるように うさぴには言ってあったし、その上、お友達と出かけた時には お友達の自転車と自分の自転車をワイヤー錠でつないでおく様に、とまで言っておいたのに…。

うさぴは自分の周りに自転車を盗まれた人がいないかったので、そこまでしなくたって盗られたりしないと思っていたから、私の忠告を無視していたと告白。

つ・ま・り、私の忠告が正しかったことがこれで証明されたわけだね。
こんな痛い形で。

家に帰ってから 悔し涙で大泣きのうさぴわーーーんっ


盗られた自転車は、うさぴが自分のお小遣いで買ったものだっただけに、うさぴの受けたショックも悔しさも悲しさも、かなり大きかったらしい。
(しかもまだ5,6回乗っただけの新品同様だった。)

こんな悲しい思いや悔しい思いを
自分の子にはさせたくないから
親はうるさいくらい注意をするんだよ。


かわいそうだとは思ったけど、自業自得。
今まではお母さんは心配性だ、とか ソコまですることない、とか思ってたらしいうさぴも、今回のことで“お母さんの言うことは正しい”とやっとみと認めることができたようで、自分から

「私、本当に甘かったと思う。
全然危機管理が出来てなかった…。
今度からお母さんの言うとおりにする…。
お母さんに言われたことはちゃんと守る…。」


と かなり落ち込んだ様子。


その後、警察へ行き自転車の盗難届けを出して帰宅。

きっと見つからないだろうなぁ…。

でもね、お母さんは思うんだ。
自転車くらいで済んでよかったのかもしれない、って
犯罪に巻き込まれたりしてから気づいても遅いしね。
ちょっと高い授業料だったけど、うさぴには必要なことだったんだと思う。
これで少しは犯罪を身近に感じられたはず。

これからは危機管理をきちんとしようね。

こんなかわいそうな思いは 私も二度としたくないよ…。

分類題名 : 日記  *  分類主題 : 日記  *  分類 : 子育て日記
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2010年01月09日(Sat) 10時32分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。