10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分
お仕事 頑張れ~~~v-220v-411
2008年10月11日(Sat) 15時53分       編集
まるこさんへ
ありがと~(^^♪
がんばりま~す!!
2008年10月11日(Sat) 17時40分       編集






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
 『家守綺譚』~梨木香歩
「うさぎさんがいてくれたらよかったのに…。私の仕事、手伝ってもらいたかったなぁ…。」

ぽつんとつぶやいたのは、前の部署でお世話になったモモカさん(仮名)。
今、私は自分の部署に机の空きがないので、前の部署の近くに座ってます。
その私の席に来て呟いた彼女の一言は、とってもうれしかったです。

上司の仕打ちは、私にとっては 役立たずとして出されたような気がしていたから、こんな風に言われたら、「私を必要としてくれた人もいたんだなぁ」って救われた気がします。

今度のところでも必要とされる人間になれるようがんばらなくっちゃね。




『 家守綺譚 』 梨木香歩

家守綺譚


物書きの私=綿貫征四郎が、死んだ高堂の実家の管理を任されてから経験する 四季折々の不思議な体験の数々。そして時折あらわれる 死んだはずの高堂と、ひょんなことからこの家で飼うことになった犬のゴローとの 日常なのか非日常なのかわからない出来事。

最初“家守”を人の名前だと思って時代小説か何かだと思った私ですが、読んでみると“家を守る人”の意味で“家守”だったんですね

池の在る庭に、サルスベリに狐に狸に河童に小鬼。
読んでいると不思議な世界に引き込まれていきます。

短編ですが、読み応えがあります。

分類題名 : 読んだ本の紹介  *  分類主題 : 本・雑誌  *  分類 : 本の紹介
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 2  *  記事編集  *  2008年10月11日(Sat) 13時40分
お仕事 頑張れ~~~v-220v-411
2008年10月11日(Sat) 15時53分       編集
まるこさんへ
ありがと~(^^♪
がんばりま~す!!
2008年10月11日(Sat) 17時40分       編集






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。