10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
 『真皓き残響~琵琶島姫』
学校行事で、うさぴが今日から3日間いません。

今日から3日間、何をしてすごそうかなぁ?ってワクワクしてたけど、今日はパパがお休みで家にいる日だったわ…。
しかも風邪ひいちゃってゲホゲホ咳してて、なんだかなぁ…。

今も布団で大イビキかいて寝てます。

なので、またもや静かにできる読書に勤しみ、1冊読み終えました。

『真皓き残響~琵琶島姫』です。

琵琶島姫

女武者の軍勢が現れて、女をひどい目に合わせた男に復讐しているという噂をきいた景虎と晴家。
ふたりは女武者の正体を確かめようと次に襲われそうな男の家にやってきたが、女武者の大将に歯が立たず、晴家が連れ去られてしまう。
晴家を取り戻すため、景虎は女装するハメに…。

一方、別行動をとっていた直江と長秀も、兼信公の命によって殺された政景の怨霊を追って 女武者のアジトへと入ったが、そこは毘沙門天の術を封じた結界の中だった。

術を使えず窮地に追い込まれる上杉の面々。

そんな中、直江は景虎の悲鳴を聞き、景虎の元へ走る。
そこで見たのは 見惚れてしまうほどの美女に変身した景虎だった。

景虎の女装に、女怨霊大将退治も、政景退治も吹っ飛んでしまいました。
晴家も直江もクラッとくるほどの美女になった景虎。
ほたか乱さんの絵で見てみたかったなぁ…。

後1冊で、『炎の蜃気楼シリーズ』、邂逅編までの既刊、すべて読み終わります。
ちょっと淋しい気もしますが、邂逅編を読んでからまた『炎の蜃気楼』を読んだら違うなにかが見えてきそうな気が…。
妹のところは読むのを断念したらしいので、取りに行ってもう一度読もうと思ってます。

が、友達や 妹の旦那様に借りた本もあるので、今度はぼちぼち読んでいこうと思います。

分類題名 : 読んだ本。  *  分類主題 : 本・雑誌  *  分類 : 本の紹介
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2008年10月01日(Wed) 22時45分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。