08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
 長崎旅日記 5
家族旅行で訪れた長崎で軍艦島を見て龍馬像を見学後、旅館へと向かった私たち。

途中大きな木が道路の真ん中に生えている不思議な道路を通って予約した旅館へと着いた。

旅館前には男性の従業員らしき人が立っていたが、本当に立っているだけで何のアクションも起こさない。
普通は近寄ってきて「お泊りですか?」とか「お車はこちらにお願いします。」とか言うもんじゃないの?
仕方なく窓を開けて呼ぶと、漸く近くへやってきた。
遅い!

玄関を入ると、受付のあと 女性の従業員が部屋に案内してくれることになった。

杖をついている父を見て、

「こちらはエレベーターがございません。お部屋が3階になりますが、搬入用のエレベーターしかございませんが、よろしければそちらをお使いになりますか?」

と言ってくれた。
しかし、父は階段でも大丈夫だと答えた。

するとその女性従業員

「そうですか。」

と言った後、客である私たちを置いて、階段をさっさと上ってしまった。

・・・・。

いくら大丈夫って言っても、杖ついてるんだからゆっくり上るよね。

私たちが3階に着いた時には女性従業員の姿はすでになく、戸惑っていると、一つの部屋からひょっこりと顔を出し

「こちらです。」

って、なに?それ。

しかも部屋は、広さは十分だけど、襖はシミだらけ お風呂場は変な臭い。
浴衣はシワだらけ、アイロンがけもいい加減な感じ。
なんだかなぁ…。

ただ眺めはすごくよかった!
夜景も綺麗に見えたしね。

夜景

でも食事では、その眺めを帳消しにするくらいがっかりさせられる出来事が…。


・・・続く






分類題名 : 日記  *  分類主題 : 日記  *  分類 : 旅行
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2013年11月27日(Wed) 22時01分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。