05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
 観劇『アマテラス』
今日はうさぴと私の実家の母と3人で、坂東玉三郎の『アマテラス』を観に行って来ました。

今日は初日で満員御礼

NEC_0429.jpg

『アマテラス』は日本の神話、あの有名な天岩戸のシーンを劇にしたものです。


無題

あらすじ

スサノオは姉のアマテラスを慕って高天原に来るが、乱暴狼藉を繰り返すため、そのことを悲しんだアマテラスは天岩戸に籠もってしまう。
アマテラスがいなくなった世界は闇に包まれた為、光を取り戻す為にアマテラスを天岩戸から出てこさせようと、アメノウズメらは外でにぎやかに歌い踊る。
その楽しそうな様に、ついにアマテラスは天岩戸から出てくる。

そして世界に光が戻った。


1幕は荒れ狂うスサノオをアマテラスが止めようとするが止まらず、悲しんだアマテラスが天岩戸にこもるまでが演じられます。

台詞のない、音と踊りと色彩の世界。

薄い布を使った、荒れ狂うスサノオと止めようとするアマテラスの攻防のシーンは見事でした。
アマテラスとスサノオのまとった衣装の衣擦れの音や息遣いまで聞こえてきて感動しましたね。
いや~、舞台っていいですね~。

風を受けてふわりと舞う布が、色々なものを表現していて、本当にすばらしかったです。

2幕は閉じこもってしまったアマテラスを天岩戸から出そうとするシーンから始まります。
太鼓を叩き、アメノウズメが踊る。
このシーンはダイナミックな鼓童の太鼓がすばらしいです。

そして天岩戸が開き、アマテラスが出てくるシーンはなんとも神々しく美しく、感動して涙が出そうでした。

いや~、本当に観に行ってよかった。

うさぴなんか玉三郎のカレンダー買ってましたからね(^^)
しかもあと3回くらい見たいとかも言ってたし…。

あと3回も観たら、また45000円ほどいるんだけどね(笑)
それでも確かに、また観たいって言う気持ち、わかります。
本当すごかったし感動しましたからね。

次回は2月に歌舞伎を見に行く予定。
今から楽しみです。
分類題名 : 日記  *  分類主題 : 日記  *  分類 : 日記
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2013年09月05日(Thu) 23時39分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。