04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
 ゆんでめて~畠中恵
明日はもう仕事かぁ…。

風邪、治らないんだけど…。

吐き気はおさまったものの、鼻水は滝のように鼻から喉へ落ちてきて、咳は夜になると酷くなる。
喉はイガイガして、今日は頭痛もプラスされていて、病院の薬は効いてるのか?と疑いたくなる。

とは言っても、そうそう休んでばかりもいられないし、明日はタクシーで行こうかなぁ。
20分歩くのはきついなぁ。
徒歩通勤の私は交通費が出ないので、約1時間分タダ働きになるんだけどね。




ゆんでめて~畠中恵

32824632.jpg

長崎屋の若旦那、一太郎は分かれ道で不思議な御仁を見かけその後を追ったため、弓手(左)に進むべき道を馬手(右)に進んでしまった。
そのことにより、若旦那の未来は本来とは違う方向へと進み始める。

失われた妖達。
行方不明になった屏風のぞき。

若旦那の選んだ道によって分かたれた未来。
あの時、弓手に進んでいたら…。

今回はもしも馬手に進んでいたら?
というお話ですね。

でも馬手に進んだからこそ出会えた者たちもいるわけで、本来の道を進めばその者たちとは会えないということになりますよね。

本来の道を進んだ若旦那も、進まなかった道で出会った者達のことが、心のどこかにひっかかっていて感傷的になったりして…。

屏風のぞきや織部の茶碗が壊れなかったのはうれしいけれど、事触れの権太や上方から来たかなめ、桜の花びらの姉妹に出会えないのは、やはり少し寂しい気がしますね。

分類題名 : 読んだ本。  *  分類主題 : 本・雑誌  *  分類 : 本の紹介
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2013年08月04日(Sun) 23時59分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。