08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
 薪能
うさぴと一緒に浄喜寺で行なわれた薪能に行って来ました。

浄喜寺


私は能も狂言も観るのは初めてですが、うさぴは中学生の時に学校行事で見に行ったことがある他、大学の授業にも能や狂言の講義があって、何度か観たことがあるらしく、色々と説明してくれました。

この日、狂言でシテを演じる野村万禄さんは、うさぴの大学で能や狂言を教えてくださってる先生だそうで、うさぴはこの日をとても楽しみにしてました。

会場は自由席なので、少し早めに行って列に並ぶと、周りはお年寄りばかり。
やっぱりこういうのは若い人はあまり来ないんですね。

薪能


今回の演目は狂言は『附子(ぶす)』、能は『葵上』でどちらもよく知られているお話です。

『附子』
主人は家来の太郎冠者と次郎冠者を呼び出し、珍しく一人で出かけると言い、留守番を言いつける。
主人は『附子』と言うものを持ち出し、風に当たっても死ぬ猛毒だから気をつけろと言い、詳しくは教えずに置いて行く。
怖いものは見てみたい。危険を覚悟の上で2人の家来は、附子の真相に立ち向かっていく。
附子とはいったいなんなのか…。

『葵上』
源氏物語の一部。
葵上と六条の御息所のお話。
左大臣の娘葵上が最近物の怪にとりつかれ、寝たきりになっているので、朱雀院の臣は巫女に原因を突き止めるよう命じる。
巫女が呪法を行なった所、源氏の愛がなくなったことを恨み葵の上を扇で打ちながら責める高貴な女性が現れる。
霊は六条の御息所の生霊で、巫女ではその行為をとめることができず、臣は行者を呼び再び祈祷を行なう。
鬼女と化した六条の御息所と行者は激しく戦うが、最後には観念した六条の御息所の生霊が穏やかな心を取り戻し成仏する。

狂言は言葉もとてもわかりやすく、楽しいものでした。

能は言葉は聞き取りづらいですが、上演前にあらすじを読んでくれるし、パンフレットにもあらすじがのっているので、見ているだけでなんとなくわかりました。

初めて狂言と能を観賞しましたが、とても面白かったので、機会があれば みなさんも観賞してみてはいかがでしょう。

ただ、薪能は夜なので、今の時期は昼間と違いかなり冷えます。
この時期の観賞には、ひざ掛けやストールなどを持参し、あたたかい格好でお出かけくださいね。

 *  分類 : 日記
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2013年03月31日(Sun) 23時59分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。