06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
大正生まれの祖母から譲り受けたお着物。着ないのはもったいない!一念発起して着付け教室へ。ヲタク主婦の一からの着物生活。
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 *  分類 : スポンサー広告
自動通知機能 : -  *  伝言 : -  *  記事編集  *  --年--月--日(--) --時--分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
 桜大の不思議の森~香月日輪
12月に入った途端、なんだか慌しくなってきました。
会社では、同じ部署のAさんが来月で退社、Bさんが具合が悪くて長期の休みになるらしく、それでも人員は増やさないとの事なので、私の仕事も増えそうです。
家の方も、年末に向けての掃除やうさぴの成人式の準備など、バタバタと落ち着かない毎日です。
加えてうさぴのレッスンのために送り迎えも増えてるし…。
師走というだけあって、おウチ大好きの私でさえも、なんだかんだで走り回ってます。
今年ももうあとわずか。
年末は誰もがバタバタしている時期だけに、事故なんかには十分気をつけておかなくちゃね。




桜大の不思議の森~香月日輪

32821700.jpg


桜大の住む黒沼村には、深い森があり、そこは 神様や人ではないものが住む不思議な場所だった。
黒沼村の住人はそういう不思議を感じながら生きている。
桜大もこの村で不思議に囲まれて生活してきた。
13歳になった桜大は、自分の進路を考える年齢になった。
この村には高校はないため、高校へ進学すると、この村を出ることになる。
そのことが、桜大に大きな不安を与えていた。
「進学はしないと」と言う桜大に大人たちは…。

本の帯には泣ける!って大きく書いてあったけど、それはちょっと大げさかも…。
それよりも、昔からの言い伝えやしきたりには意味があるんだなぁとか、目に見えなくても何かがいる!そんなことを信じたくなるような本でした。
センセイやおじぃ、おばぁの言葉や不思議な出来事に、今の人たちが失ってしまったもの、今の人たちに必要なことは何なのかを考えさせられる気がしました。

薄い本なのですぐに読めます。
子供に読んであげるとよさそうな、絵のない絵本。
そんな感じです。
読み聞かせにいいかもしれませんね。

分類題名 : 読んだ本。  *  分類主題 : 本・雑誌  *  分類 : 本の紹介
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2012年12月08日(Sat) 16時31分






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール
          

     五月うさぎ      

          

 Author:五月うさぎ
○現住所:福岡県
●血液型:AB
○趣味 :ゲーム・読書・漫画・映画鑑賞など
●家族構成:五月うさぎ(母) うさぴ(娘) うさお(父)

※お着物に関するちょっとした知識や日常生活での出来事、趣味のゲームや大好きな本の事などを書いたブログです。

※ブログ記事と関係のないコメント,TB等は管理人の判断により削除させていただきます。

黒ねこ時計 くろック E01
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。